So-net無料ブログ作成
検索選択

FXは人生を大逆転できる! [FXのメリットを理解して取引をしよう]






FXとは通貨を対象とした金融商品です。通貨を対象とした金融商品には
外貨預金もありますが、外貨預金との違いは2つあります。


1つはレバレッジをかけることができるということです。証拠金を積めば、
その証拠金の25倍までの取引をすることができます。



つまり10万円の証拠金を積めば、250万円相当の外貨で取引をすることが
できるのです。レバレッジをかけることができれば、
投資はとても効率的になります。



わずかな投資資金で大きな儲けを得られる可能性があるからです。
証拠金10万円で100万円相当の外貨を購入し、
10万円の儲けが出たとします。



この場合、100万円に対しては10%の利益を上げたことになりますが、
自分が用意したお金は10万円ですので、投資資金を2倍にしたと
いうことになります。


レバレッジを大きくすればするほど、為替相場が少し動いただけでも
儲けは大きくなります。


2つ目のメリットは売りポジションからも取引を始めることができるという点です。
外貨預金の場合、外貨を買うことからしか取引ができません。


つまり、自国通貨安にならなければ儲けが出ないのです。しかし、
売りポジションからも取引を始めることができれば、自国通貨高に
なる展開でも儲けを得られるチャンスとなります。


為替相場がどちらに振れても、儲けられる可能性があるというわけです。
レバレッジの大きさを注意すれば、FXは安心して投資できる金融商品です。


一度、小さな投資資金でチャレンジしてみると良いです。






FXを利用した資産運用について [お金に働いてもらうと発想を持つ]


currencies-64275_640.jpg



最近の円安効果でFXが
非常に人気の高い商品になっています。


FXは外国為替取引であり、さまざまな通貨を買ったり、
売ったりすることで利益を得ることが可能です。



FXは信用取引のため、レバレッジをかけることで元金以上の
投資を行うことが可能です。



その点で非常に効率的な資産運用を行うことができます。資産運用のポイントとしては、
どうやって利益を出すのかルールを決めることが大事です。



よく使う方法を紹介しますと、通貨には非常に高金利のもの(豪ドル等)があります。
そういった高金利通貨を買うことで、毎日金利分をもらうことができ、
スワップとして儲けることが可能です。



ですが、金利が高いため、値幅が非常に大きく、損益の振れ幅が大きくなる
傾向があります。ですが、毎日ポジションを持っているだけで、
お金が溜まるため非常に便利な使い方です。



そのため、高金利通貨は非常に人気が高いです。値幅が大きいため、
たくさんのポジションを取ることが避けるべきだと思います。



次に通貨の値幅で儲ける方法があります。当然為替は日々動いていくので、
ポジションの取り方によっては、値幅が出れば大きな利益が出る可能性が
あります。ですが、


市場が急激な混乱が発生した場合に、為替は非常に敏感に
反応することがあります。


そうなると自分のポジションが強制ロスカットされて、資産がなくなることも
往々にして考えられます。ですので、



自分の証拠金にあったポジションを取る必要性があります。
値幅で儲けることは、簡単ではないため、スワップでこつこつと
儲けることが一番推奨できる方法だと思います。



システムトレードで稼げる!FXトレードとは? [FXの人気の秘密]

sky-234592_640.jpg



電子取引が一般化したFXトレードで最近注目されている
トレード方法がシステムトレードです。


システムトレードとは、プログラムを用いて自動売買する方法で、
かつてはFX上級者レベルの知識とパソコンプログラミング知識が
ある人しか使えない高レベルのトレード方法でした。



しかし、最近ではシステムトレードのプログラムを購入したり、
個人プログラマーから無料でダウンロードできたり、FX業者が
プログラムを提供してくれるので敷居が低くなってきています。



システムトレードのメリットは、一度プログラムを起動させれば、
後は定期的にチェックするだけで良いという事です。



システムが24時間ずっと外国為替市場を監視してくれます。



夢の完全自動化ってやつですね[わーい(嬉しい顔)]



手動でトレードする必要もありませんので、1回1回の勝ち負けに固執することも
ありませんので、精神的に非常に楽になります。



トレーディングでは、ルールに従うことが最も大変なことですが、
システムに任せれば、ルールを破ることは無くなります。



売買プログラムは売買ルールをプログラムしたもので、どのような条件で 注文を発注するかや、最大でいくつまでポジションを持つことが出来るのか を決めることができます。



売買プログラムを購入する場合、そのプログラムが過去にどれほどの利益を
出すことができたのか事前に知ることができます。



勝率、プロフィットファクター、最大ドローダウン、最大連敗数等色々な情報を
知ってから実際にシステムトレードを始めるのが賢明です。


システムトレードって難しそうですが、覚えてしまえば何てことはありません。


完全自動化にして、自分が海外旅行に行っている時も稼ぎ続けてくれるん
ですね。。


始めないと損ですね!!



FXで利益を得るために大切なこと [FXの人気の秘密]

financing-105727_640.jpg



FXは少額の資金で始められるので、人気のある投資方法の一つです。
平日ならばほぼ24時間トレードが可能なので、時間の制約がないでしょう。



会社員なら帰宅後に、専業主婦なら家事の合間にトレードをすることが出来ます。
FXで常に利益を得るためには、勉強が大切です。



トレードのタイミングを知るのが最も大切でしょう。トレードを行う通貨ペアのチャートを読めれば、
タイミングを計ることは難しくありません。



したがって、チャートの読む練習は欠かさないようにしましょう。移動平均線トレンドライン
テクニカル指標など、チャートを読むための材料は色々とありますが、
一つだけに頼るのではなく、複数の材料でチャートを分析するのがおすすめです。



ただ、チャートを正確に読めれば、必ずしも利益が得られるというわけでは
ないので注意が必要です。



為替市場を動かすような大きな材料が発生した場合は、チャートを曲げて為替レートが
動く場合があるからです。



そのような時、保有している通貨ペアに含み損が生じたのであれば、
素早く損切りをしましょう。



そうすれば、損失を少なく抑えることが可能です。例えば、米ドル円を買ったのに、
何らかの材料が発生して米ドル円が下落した時には、すぐに損失を確定し、
新たに米ドル円の売りの注文を行うと良いでしょう。



どこまで下がるかを判断するには、チャートを利用しましょう。材料が発生してチャートの形が
変わった後、新たな材料が発生するまでチャートの形は変わりにくいので、
先行きを読みやすくなるでしょう。




現在は全てのFX業者において信託保全が義務化されています。 [信託保全って何?]


team-spirit-207319_640.jpg


平成22年2月より、内閣府令により全てのFX業者に信託保全が義務付けられました。


それまでは、分別管理が義務付けられていたものの、顧客の資産を守るという点に
おいて十分でないとみなされ、法改正に繋がったのです。


信託保全が義務化されたことにより、顧客の資産がしっかり守られる仕組みが
出来上がりました。


信託保全には、完全信託保全と分別保管、一部信託保全の3種類があり、
万が一業者が破綻しても完全信託保全を採用していた業者を利用して
いた場合は、預けていた資産が全て戻ってきます。


業者は顧客の資産を信託銀行に預託しており、預託した資産は信託銀行の資産と明確に
分けて管理しなければならず、預託した資産は信託管理人が監視をしています。


信託管理人は弁護士や公認会計士が選任されるケースが多いです。


信託銀行は、業者から預託された金銭の管理を行いますが、信託管理人の監督や
選任の責任は負うことなく、顧客に対する資産の支払い業務を行うこともありませんし、
顧客は信託銀行に資産の支払いを請求することは出来ないです。


つまり、信託銀行から信託管理人を通じて顧客に資産が返還されることになります。
資産の他にポジションの損益スワップ損益が保全の対象となりますが、


元本を保証するものではなく、為替の変動により損失が発生する可能性もあります。
業者は、毎営業日のニューヨーク市場クローズした時点で資産の評価を行い、
その後で信託保全が実施されます。



FXで金融緩和によるインフレに備える [外国通貨で将来のリスクヘッジをする]


man-76196_640.jpg


日銀が銀行が保有する国債を大量購入する形で通貨供給量を増やしています。


その結果、昨年以降の金融緩和で円が外国通貨、米ドルに対して
下落することになりました。


円安は、輸出企業の採算を高め、海外での日本製品の競争力を回復し、
今年前半にかけての株高をもたらしました。


これらの金融政策が日本景気を下支えし、新規雇用や企業の設備投資を増やし、
民間主体の経済成長に移行する事が期待されますが、


一方で急激な円安で輸入品価格、特に原油など原材料の価格が
高止まりの状態にあります。


個人所得が伸びなければ、国内市場で価格転嫁が出来ません。


また、経済成長率が高まっていることから、消費税の増税が
行われました。


円と日本国債の信用力を維持する為に必要な増税ではありますが、
今後の景気動向に注意しなければなりません。


投資家はもとより、老後の生活資金を貯蓄している人も、インフレに関心を
向ける時期が来ていると考えます。


輸入品価格、特に原材料は新興国の需要増加により、
高止まりの状態が続く事が予想されます。


原油、鉄鉱石などの鉱物資源はもとより、小麦や大豆などの農産物まで
1次産品と呼ばれるものは、高止まり傾向にあります。


国内景気が腰折れし円安が進めばスタグフレーション
陥らないとも限りません。


スタグフレーションは、景気減退と通貨安によるインフレが同時に起こる現象です。


インフレの一種と考えてもいいでしょう。インフレに強い商品として、株式を現物で
持つとかリートなどが考えられますがリスクの高い商品でもあります。


銀行預金や国債などの債権がインフレ時、最もマイナスの影響を受ける商品です。


リスクを分散投資するのが基本になりますが、この分散先に外国通貨を加えるというのは、
インフレに対して有効な手段です。



外貨預金、投資信託、外貨MRFなどの外に、FXを利用するのも一つの手段でしょう。
手数料が安く、比較的少額な資金でリスクヘッジできます。


元本が保証される物ではありませんので、安易な取引は禁物ですが、
余裕のある資金で行えばリスクは軽減されます。


Copyright © FXで人生を変える All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。